ネクスファとは

はじめに

ネクスファは2012年3月、地域の第3の居場所・学び舎として誕生しました。

小学1~6年生向けの“学童保育”と、小学3~中学3年生向けの“学習塾”。
一見、内容は全く異なるように思えますが、私たちのこどもたちに向けたメッセージや関わり方は同じです。

こどもたちの持つ可能性は1人ひとり違っていて、そして無限の可能性に満ちています。
私たちは、こどもたちの“ありのまま”を大切に、1人ひとりに寄り添い、それぞれのペースで成長していくことを、全力でサポートしていきます。

こどもたちが将来、社会という大海原へ、自分の力でこぎ出でていけるような知恵や主体性を育んでいくことができる居場所であり、学び舎でもある。

ネクスファは、そんな場所をめざしていきます。

名前の由来とロゴマーク

ネクスファは、NEXT+φ(ファイ)をまとめた言葉で、「未来に向けたphilosophia(哲学)的なとりくみ」を意味します。

こどもたちと一緒に、日々考え、模索しながら様々なものごとについて探究し、ネクスファという“完成のない場”をつくっていく。

そんな思いから名づけました。

ロゴの双葉はφをもじり「未来を育む」ことをイメージして新しい芽(こどもたち)をみんなで育めたらという思いを込めています。

はじまりからこれまで

2012年3月、千葉県柏市に「ネクスファ柏教室」が設立されました。
東京大学、柏市、UR都市機構とのパートナーシップ事業「シニアの生きがい就労プロジェクト」に関わる形でスタート。
現在も多くのシニアのみなさまにご活躍いただいています。
学童保育部門(小1~6)と学習塾部門(小3~中3)を実施しています。

2013年3月には、同じ千葉県柏市で「ネクスファ高柳教室」が設立されました。

2017年4月からは神奈川県逗子市でネクスファ系列の「学び舎ボート」がスタート。
フィールドワークを中心とした寺子屋(小1~6)を運営しています。

教室の紹介

illust2.jpg

海・空をイメージした”青べや”、大地をイメージした”黄色べや”、そして「木のぬくもり」と緑で森をイメージした”メインべや”、そしてめいっぱい遊ぶことができる”はなれ”と、子供たちが居心地よく過ごし、学ぶことができる4つの空間から成り立っています。

教室運営スタッフ

松濤 正子(まさこさん) 柏教室長/学童部門担当

見守りスタッフとして2012年4月のオープン時からネクスファに関わり、2017年4月より教室長に。我孫子在住。3児の母。何があっても動じない、その安定感と安心感は、子どもにとってもスタッフにとっても心のよりどころ。

櫻井 政志(まーしー)柏副教室長/学童部門担当

1988年生まれ、最後の昭和世代。通称”まーしー”。小、中、高校ではサッカー部に所属し、球技はだいたい好き。コミュニティデザインや自給自足が関心ごと。学生の間、松戸市の児童館でのボランティア・アルバイトを4 年間経験し、こどもにかかわる仕事に興味を持つ。大学院修了後、不動産管理の仕事を2 年間勤め、2016 年7 月よりネクスファへ。 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻緑地環境学コース修了(学術修士)。1児の父。

坊ノ下瑞恵(ぼうちゃん)/塾部門担当

自らが中学時代に通った塾に大きな影響を受け、「将来は塾講師になって自分の塾を開く」と心に決めていた。大学入学と同時に塾講師を始め、夢を実現したのは26歳のとき。大好きな沖縄県で学習塾を開業。その後、縁あってネクスファで塾部門を担当。授業中は厳しい反面、普段は穏やかなムードメイカー。生徒の信頼も厚い。

辻 義和(つじちょう)/塾部門担当

1981年生まれ。神戸大学工学部卒。通称”つじちょう”。学生時代に個別指導塾で300 人の指導・教室運営のサポートを経験し教育の世界に興 味を持つ。システムエンジニア、教育コンサルタントを経て2012 年、ネクスファを設立。こどもたちの好奇心や1人ひとりの個性を育むことが信条でありミッション。保育士。2児の父。

運営団体について

合同会社ネクスファ